2015
05.15

集団的自衛権を盛り込んだ「国際平和支援法案」が閣議決定

衆議院選挙

安倍政権は14日夕、戦争中の他国軍を後方支援する新たな恒久法案と、集団的自衛権を行使できるようにする武力攻撃事態法改正案など安全保障法制の関連11法案を臨時閣議で決定した。安倍晋三首相は同日、首相官邸で記者会見し、「もはや一国のみでどの国も自国の安全を守ることはできない時代だ」と理解を求めた。国会審議を経て法案が成立すれば、専守防衛に徹してきた自衛隊のあり方が変わり、戦後の日本の安全保障政策が大きく転換することになる。

https://www.asahi.com/articles/ASH5G5HCMH5GULFA01V.html

PAK86 yabainomicyatta20131223500

安倍政権になってから色々こういうのが決定していくなぁ・・・。

この法案はどちらかと言うと自分たちの世代よりも子供の世代に影響が出そうですね。まぁどうなるんでしょうね。

TPPだの色々出てきますがよく分かりません。興味関心がないものはあまり気にならなくなってきました。というよりも忙しすぎてそこまで頭が回りません。ゆとりがないって危険です。

 

冷静な判断ができないまま法案だけ出来ていく。来年はマイナンバー制度開始です。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。