2015
05.27

JTの飲料事業をサントリーが1500億円で買収が決定!Rootsや桃の天然水も販売継続

投資分析

飲料大手のサントリー食品インターナショナルは、JT=日本たばこ産業から2つの飲料ブランドと自動販売機の運営事業を合わせて、およそ1500億円で買収することになりました。
スクリーンショット 2015 05 27 6 38 57
発表によりますと、飲料大手のサントリー食品インターナショナルはJT=日本たばこ産業から自動販売機の運営事業を手がけているグループ会社2社と、缶コーヒー「ルーツ」と清涼飲料水「桃の天然水」の2つの飲料のブランドを買収することで両社が合意しました。
今回の買収でサントリーは、ことし7月までに2つの飲料ブランドと、JTが持つ2社のすべての株式を取得する計画で、買収額は合わせておよそ1500億円に上るとしています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20150525/k10010091341000.html

 

大手が寡占している自動販売機業界ではJTは厳しいと言うことで飲料事業を辞めると行っていましたが大手のサントリーが買収です。

飲料業界は巨大資本の寡占化がますます進みますね。

変にアジア系企業に買収されず国内企業が買収したから良かったといえる時代ですからね。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。