2015
07.09

個人投資家のいぐる氏、自己資金残が80万円になる程の損失を出す

投資分析

個人投資家のいぐる氏がこのギリシャ・ショックに中国バブル崩壊を直撃し、500万円近くまで資金を回復していましたが80万円まで自己資金を減らしてしまいました。

スクリーンショット 2015 07 09 6 37 02

資産は80万円ほどに

(ここで50万円入金)資産は130万円。

https://ameblo.jp/iguru402/

 

年間で見ると給料から400万円くらい補填していると思います。

実家ぐらしで40代なかば独身、公務員ということもあり自由に使える給料のほとんどを株に補填して溶かしているように思えます。

 

自分も株の売買を頻繁やっていたり、自己資金の殆どを株に投資していたら・・・。

きっと同じ運命になっていたと思います。

株って怖いなぁって思います。儲けている時もあっても長い人生のうち長い期間やめずに株をやっていると結局、何処かでお金を失ってと言う人が大半です。

 

そう考えるとパチンコや競馬となんら変わらないんじゃないかと。

金額が大きい博打のように思えます。株は投資であってギャンブルではないという話がありますが自分はギャンブルだと思います。

いまのアルゴリズム取引が大量に溢れ機関投資家のプロが市場で過剰に存在しており、資金を奪い合っています。情報量も少ない個人投資家はそのアルゴリズムの餌食になり、合法的に資金を搾取されてしまいます。

1960年代から1980年代くらいの株式投資とは全然話が違います。今の時代ピーター・リンチみたいな話は夢物語です。

 

ギャンブルだと引き際が肝心になります。

ラスベガスでも大勝ちした人も何処かで引退しなければ失う運命にあります。儲けることが目的ではなくギャンブルをして興奮することが目的になってしまいます。

株も同じでデイトレードする売買が興奮し、スマホで操作する行為がゲーム感覚になります。

株って金額が競馬やパチンコよりも大きくて人生に影響しやすく本当に怖いなぁと思います。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。