2015
05.27

ヤマダ電機の迷走が止まらない!業績悪化で46店舗を5月中に閉鎖!!

投資分析

 ヤマダ電機が地方の郊外型店舗を中心に約40店を5月末に閉鎖することが24日、分かった。業態転換を含めると整理する店舗数は計46店に上る。消費税増税の影響で販売低迷が続く中、不採算や収益率の低い店舗の整理を急ぐ。今後は都市部の駅前型店舗の出店に力を注ぐ方針で、年内にも東京・八重洲に出店する。2015年3月末の連結店舗数は子会社のベスト電器などを含め1016。スクリーンショット 2015 05 27 6 18 24
 閉鎖する店舗は、郊外型の「テックランド」が北海道の稚内と中標津、岩手県の花巻、宮城県の栗原築館、福島県の喜多方、茨城県のつくばみらいと牛久、埼玉県の蓮田、名古屋市の名古屋南丹後通り、福井県の鯖江、神戸市の神戸桜が丘、広島県の熊野、香川県のさぬき長尾、山口県の新南陽など。都市型の「LABI」でも競争の激しい水戸市の店舗を閉鎖する。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150524-00000032-jij-bus_all

 

日経平均も2万円突破。円安で為替は1ドル123円を超えています。

それでもヤマダ電機の株価はご覧のとおり、低迷していますからね。業績も低迷しています。過去のヤマダ電機に行けばネットよりも安いトンデモなく激安な商品がある時がある。展示品はほんとうに安いと言う状態がありましたから、よく行くようになったのですが、その販売をやめてから一切、ヤマダ電機に行かなくなりました。

 

どうせネットよりも高いなら、通販でも優秀なヨドバシカメラで買った方がいいと、別の店舗へ行きます。

ヤマダ電機は今の状態だと何も魅力的なところがないんですよねぇ。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。