2015
05.17

バフェット氏のバークシャー・ハサウェイは米IBMやウェルズ・ファーゴを買い増し

投資分析

米保険・投資会社バークシャー・ハサウェイは米IBMやウェルズ・ファーゴなどウォーレン・バフェット会長が選好する一部企業について株式の保有を増やした。バークシャーが米当局に15日提出した資料によると、3月末時点の米株式ポートフォリオ でUSバンコープの保有も増えた。一方、ナショナル・オイルウェル・バーコなどの銘柄で保有が縮小した。新たな企業の記載はなかった。同社はIBM株の保有を3.4%増やして7960万株とし、3月末時点の保有株は128億ドル(約1兆5300億円)相当となった。ウェルズ・ファーゴ株への投資も1.5%増の4億7000万株、250億ドル超相当となった。USバンコープ株は8370万株と4.6%増え、30億ドル余りとなった。

https://www.bloomberg.co.jp/news/123-NOFH3P6JIJUO01.html

PHM16 0377

一般人がバフェットのように投資をするのは不可能です。

バフェットの投資したIBMなどはパフォーマンスが悪いと言われています。一時期よりも投資パフォーマンスが落ちており、高齢だからではないかと言われています。

もう相当な高齢ですからね。まさにアメリカンドリームを行ったという人生です。

 

いまはファンドが多すぎます。

市場に奪い合うファンドがとにかく集中しすぎている。大渋滞していると言えます。

その中で個人投資家がインデックスファンドよりもパフォーマンスを出すことはかなり難しいことだと言えます。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。