2015
07.02

ギリシャがデフォルト騒ぎ!?実は頻繁にデフォルトしている国だった

投資分析

1945年以降の、世界のデフォルト(国家政府の債務不履行)経験国の一覧表です。表中の数字は西暦。

参照文献のデフォルトの定義により、国家破産~すなわち国債の返済が完全に拒絶されることだけでなく、国債償還日の繰り延べ(リスケ)や、一部には通貨の切り下げ(デノミ)もカウントしています。またデフォルトの分類として、外国への債務と、国内向けの債務に分けています。

なおギリシャについては、参考文献によると1800年以降のおよそ半分の期間で財政破綻の状態にあり、「恒常的なデフォルト状態にある」と表記されています。ギリシャは21世紀にユーロ加盟して以降おとなしかったものの、2010年のギリシャ危機(債務隠蔽発覚)で、デフォルト常習国家が仮面を被っていただけだった事が明らかになりました。

スクリーンショット 2015 07 02 6 19 13

https://www.world401.com/saiken/default.html

 

世界のデフォルトを見るとギリシャは飛び抜けて2年に1回の頻度でデフォルトしている状態のようですね。

今回のデフォルト騒動でも株価は1日急落しただけであまり影響がなく、簡単に回復しそうな勢いです。押し目買いが勝利という感じでしたね。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。