2015
10.28

WHOがハムやソーセージを50グラム摂取し続けると18%も大腸がんリスクが増加すると発表

コラム

WHO=世界保健機関は、ハムやソーセージなどの肉の加工食品を過剰に摂取することががんのリスクを高め、5段階ある危険度のうち最も高い分類に当たるとした初めての調査結果を発表しました。
FCFNI yakizakana500
これはWHOの専門機関「国際がん研究機関」が、肉の摂取とがんの発症に関するおよそ800の研究成果を分析し、26日に発表したものです。
それによりますと、ハムやソーセージなどの肉の加工食品について、塩漬けやくん製などの過程で、発がん性物質が蓄積されると指摘しています。
そのうえで、毎日50グラムを摂取すれば、大腸がんになるリスクは、摂取しない人と比べて18%増加し、発がんのリスクは、5段階ある危険度のうち最も高い分類に当たるとしています。
また、牛や豚など哺乳類の肉についても、じか火で焼いた際などに発がん性物質が確認され、大腸がんやすい臓がんなどを引き起こすおそれがあるということです。
分析チームの医師の1人は「今回の結果は、肉の摂取を抑えることを推奨する多くの保健当局の指針を補強するものだ」と話しています。
これに対して、アメリカの食肉業界などは「がんは複合的な要因で発症する病気だ」などと反論しており、今回の発表に波紋が広がっています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20151027/k10010283741000.html

 

前々からハムやソーセージは危険と言われていましたがWHOが正式に50グラムで18%も発がん性が増加すると発表しちゃいましたからね。これは大きいです。

50グラムでってかなりの少量ですよね。ハムやソーセージはかなり強力な発がん性といえるのではないでしょうか。

 

加工の過程で発がん性物質が蓄積されるとは・・・具体的ですね。この話はめちゃくちゃ信ぴょう性がありますよね。

コンビニのアメリカンドッグやフライ類など、安価で買いやすいため危険です。こういった危ない食品って安いのが問題ですよね。安いから買ってしまうけど、実は危険という結果に・・・。健康ってお金がかかります。特に都内では・・・。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。