2016
03.10

UPQという会社のスマホの実機を触ってきた感想。安価な機能なのに割高

コラム

火曜日に放送されたガイアの夜明けにUPQというベンチャー企業が紹介されており、家電量販店に見に行きました。

店頭でデモ機を使えたので使ってみましたが、全然ダメでした。液晶はトンデモなく酷く、Kindle Fire がアマゾンで税込み8980円(プライム会員は4980円)で販売されていますがそれと同レベルです。

 

スクリーンショット 2016 03 09 6 37 27

アマゾンでは5千円くらいで買いましたのでUPQのスマホが17000円もするのが信じられないほど高く感じました。

しかも1作目ではやらかしたようでリコールレベルの品質の悪さだったようです。

 

完全に中身は中国製のスマホでデザインだけ変えて、デザイン料取っているようなスマホに感じました。このUPQのスマホを操作してから3万円くらいのASUSのスマホを使うとすごく別世界に感じました。

 

UPQはこの半額もしくは8割引きくらいでやっと買おうかなってレベルの品質です。1万円ならこの性能でも我慢するかなと思えますがこれよりもマシなスマホがアマゾンで安く売られている現実を見ると、自分は買う気には慣れませんでした。

 

UPQは店頭で見てみましたけど、絶対に買うことはないと思いました。品質も価格も微妙です。

品質微妙な割にターゲットの価格帯がちょっと高いです。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。