2015
04.08

SNSに細かく書きまくる人はうつ病になりやすいぞ!気をつけよう

コラム

SNSのプロフィールが長い人はうつ病を発症しやすい状況にあるといいます。

スクリーンショット 2015 04 08 8 03 50スクリーンショット 2015 04 08 8 04 07

抑うつ的になる人、メンタル的に悩む人と、悩まない人は、何が違うか。

それこそが、「普段から、小出しにできているかどうか」という差ではないでしょうか。

たとえば、友達や恋人、家族などに、定期的に話せている。
もしくは趣味など、ストレス解消の手段を持っている…。

そんな風に、ストレスを小出しにできる方法を、日常的に行えているかどうか。
それによって、「ストレスがたまりにくくなっている」だけではないかと思います。

実際にメンタルクリニックにいらっしゃる方の場合、たとえば一人暮らしであったり、誰かと定期的に話せなかったりと、
ストレスを出す手段がほとんどない方が多かったりします。

マンガで分かる心療内科・精神科in渋谷 第49回「プロフィールだけで、うつ傾向を見分ける方法」

 

まぁそうでしょうね。

うつ病などメンタルを良好に保つにはストレスを小出しにガス抜きすることが一番です。

小さな楽しみでストレスを開放する何かを自分のスタイルで作る必要があります。これが自分の場合、外出や都内散歩、旨いものを食べたり、演劇を見たり、美術品を見たりすることなわけです。

 

こういった生活をする前とした後では全然、ストレスの貯まり方が違いますし、その影響で慢性的な疲れも全然違います。

疲れたー。会社に行きたくない。こういった心理は肉体的疲労よりもストレス性であることがよく分かります。

 

社会人で給料を貰う人の疲れというのはストレスが原因であることが本当に多いのだなぁと思います。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。