2015
02.13

NHKのどーもくんが海外で大人気!

コラム

NHKのキャラクターどーもくんが海外で大人気のようです。

その理由が合成写真を作るときに使われる材料ということです・・・。

スクリーンショット 2015 02 11 22 07 36

概要・来歴[編集]
1998年12月22日、NHK-BSの放送開始10周年を記念して、ぬいぐるみのコマ撮り/ストップモーション・アニメーション(パペット・アニメーション)によるイメージキャラクターとして誕生。この12月22日がどーもくんの誕生日と設定されている。元々は1年限りのキャンペーンキャラクターとして作られたが、人気が出たことからNHK-BSのキャラクターとして定着した。2004年4月に新キャラクター「ななみちゃん」へその地位を譲り、その後は新たにNHK全般のキャラクターへと出世した。
どーもスポットでのパペット・アニメーションとしてのキャラクターの他に、同じ作者である合田経郎による絵本やイラスト・アニメーションのキャラクターとしても登場している。また、NHKの子供向け番組「BSどーもくんワールド」での着ぐるみキャラクターは、紅白歌合戦にも毎年のように出演している。ぬいぐるみやフィギュアなどは日本全国のNHKショップで販売され、NHKスタジオパークでの公開収録番組などでもその姿を見ることが出来る。
2000年春から、BS2で毎月1回「BS列車どーもくん号が行く」という番組が放送されていた時期があった。
2002年には任天堂ゲームボーイアドバンス向けソフト『どーもくんの不思議てれび』が発売された。
2004年には「ご当地どーもくん」のキャラクター商品を販売開始し、2006年8月時点で98万個を販売[1]。
どーもくんは、『ニューズウィーク日本版』2007年10月17日号の「世界が尊敬する日本人」の一人に選出された。
2008年12月22日どーもくん誕生10周年としてどーもTVシリーズを5夜連続で放送した。
2009年度からは鈴木奈穂子と共に、夜10時台の番組を宣伝するユニット『どーもとなおこ』で活動している。
2010年3月29日から、BSもアナログからデジタルに切り替わることをアピールするためBSデジタルどーもくんとしてパワーアップした[2]。
2010年にはNHKオンライン(NHK公式ホームページ)開設15周年を機にテレビ朝日・TBS・テレビ東京・日本テレビの各局の公式サイトに「NHKオンライン15周年キャンペーン」と言う事でどーもくんが期間限定で登場している。
2011年8月26日放送のスタジオパークからこんにちはでは、ゲストに「どーもくん」の作者である合田経郎が出演し、「近田の特ダネ」では、製作の裏側などを話した(当日の放送から)。
2011年12月17日と12月31日に『ドワーフのアニメ映画まつり』と題して、他のドワーフ作品と共にTVシリーズを劇場公開。
2013年度は、NHKテレビ放送開始60周年記念のマスコットとして、「60」を模した眼鏡を掛けた姿で登場している。

(ウィキペディアより)

スクリーンショット 2015 02 11 22 07 43スクリーンショット 2015 02 11 22 07 50

人を襲撃するコラがすごいですねぇ・・・。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。