2016
08.26

MVNOの格安SIMのマイネオを解約し、DMMモバイルに引っ越しをしました。理由は月額最低料金を下げたかったからです

コラム

月のネットワーク増強報告

7月はAプランで通常レベルの増強を3回実施しました。Dプランは混雑解消のため、大規模な増強(増強幅は通常レベルの3~5倍)を3回実施しましたが、それでも快適な状態には至らず、ご不便をおかけしております。

ポケモンGOの影響について

ポケモンGO配信開始日は、通常のピーク(昼12時)とは異なる時間帯(10~11時)に大きなトラフィックの増加が見られましたが、現在は、ポケモンGO配信前のトラフィックの傾向に戻っています。配信開始日のトラフィックの増加はアプリのダウンロードが集中したために発生したものであり、ポケモンGOを通常プレイすることによるトラフィック影響は小さいと考えています。

L image

トラフィックの分析状況

6月の混雑開始以降、日々のスピード測定やトラフィック確認に加えてAプランとDプランの違いやサービス品目毎のパケット使用量の違い等、さまざまな角度から調査を実施してきました。
分析の結果、最近のトラフィックの傾向として、大きく以下の3点が影響していることが分かりました。

1. mineoユーザーの属性が変わってきている。
2. 1ユーザーあたりのパケット使用量が増加している。
3. 個人向け以外にもmineoのサービスが広がっている。

例えば、以前のmineoのお客さまのメイン属性は「mineoをサブ回線として利用するITに詳しい層」だったのに対して、現在は「mineoをメイン回線として利用する一般層」に変化してきています。また、それに伴いユーザー1人当たりのパケット使用量が増加(半年前と比較して約1.4倍)しています。さらに、最近では、法人向けや訪日向け、M2M (Machine to Machine:機器間の接続)など、個人向け以外の用途でのmineoサービスが拡大しています。

https://king.mineo.jp/magazines/special/413

 

マイネオはすごく良かったんですがやや1GBの低容量の月額が他社よりも高かったりします。

この為、DMMモバイルに引っ越しをしてしまいました。確かにこの記事を見る通り、利用しているユーザーの客層が変わってきていますね。マニアックな通信に詳しいユーザーがサブ機として使っているイメージがあったMVNOは、今ではキャリアが高いから安く使いたいというライトユーザーが増えています。それで不満も多いんでしょうね。

 

技術面やコストを考えると特定の時間帯は遅いというのは理解して使っていましたし、そもそもこの回線で動画を見ようなんて思わない人が多かったのに安いのに大手キャリアと同じ品質を求める人もいます。それは無理としか言えませんね。

とにかく安く使いたいという感じで使っているのでMVNOは満足していますね。

 

マイネオは、1GB回線がもっと安ければ戻ってきますがこのままDMMモバイルを使っていると思います。DMMモバイルはマイネオよりも遅すぎる時間帯が多いですね。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。