2015
02.02

Lenovo Miix 2 8を買って1ヶ月目にして速攻で故障しました。しかも使いにくい

コラム

Windowsタブレットを買いましたがとにかく使えない。買って1周間で電源を入れなくなり、買って1か月後に電源を入れてリカバリをすると初期不良で故障しました。最悪です。

 買ったのはLenovo Miix 2 8です。Office付きではないものをネットで16000円で購入しました。保証書付きでしたのでこれからメーカー修理に出します。修理後は速攻で中古で売り払います。こんな機械もう嫌だ!

 

Lenovo Miix 2 8が速攻で故障する

Lenovo Miix 2 8(Z3740/2G/64GB/Office H&B/8.0HD)59428524 保護フイルム付き
Lenovo Miix 2 8(Z3740/2G/64GB/Office H&B/8.0HD)59428524 保護フイルム付き

 

電源を入れてログインをすると画面のチラツキが延々と続き、操作を受け付けません。ユーザーのプログラムファイル内が破損したものと思えます。

パソコンだとこういう状態ならば別のユーザーアカウント(Administrator)などでログインし、ユーザー作りなおしたり、HDDを取り出して別PCに取り付けてリカバリするなど、手はありますがWindowsタブレットはこの程度の故障でも一切治せません。

 

BIOS画面も出せません。

USBキーボードを付けて、Control+Alt+Deleteでタスクマネージャーなどは出せますがチラツキは入力まで常にキャンセルさせられるので出しても出しても消されます。操作を受け付けないのでどうしようもありません。

感想としてのWindowsタブレット

iPadやAndroidよりもめちゃくちゃ使いにくいです。とくにタッチ操作の場合です。

iPadなどは文字入力の場所にタッチすると自動的にキーボードがニョ〜ンって下から出てきますよね。あれがウィンドウズタブレットだと出てきません。いちいちバーチャルキーボードみたいな極小のボタンを押す必要があります。

これが本当に使いにくい。

 

デスクトップモードだと画面が小さすぎて、タッチの操作で的確にフォルダを開いたり、プログラムを実行するなど出来ません。デスクトップモードのタッチ性能はWindows7からありましたがWindows8になっても何も改善されていません。誤操作、無反応ありまくりでストレスが貯まります。

iPadやiPhoneのiOSやAndroid製品がいかに優れているのかWindowsタブレットを使ってよく分かりました。

 

唯一使えたのがノートパソコンとしての処理です。

BluetoothキーボードにBluetoothマウスを使ってタブレットスタンドを使い、ノートパソコンのように使うというスタイルです。

これは軽量で良さそうなのですがMacBookProRetinaを私は使っており、Windows時代のようにいちいちシャットダウンしないでスリープモードで使用しています。

ノートパソコンの蓋をあけるとすぐに使用できる環境がすごく便利だった。これがタブレットWindowsだと出来ません。鞄からいろいろなタブレットスタンドを出し、キーボードをBluetoothで繋ぎ、平でそこそこスペースが確保できる場所で使用できます。

ドトールなどの小さいテーブルではコーヒーも置けません。それくらい無駄に場所をとります。

 

小さいWindowsタブレットはノートパソコンと比較し、軽量です。キーボードやマウスなどをあわせて700グラムです。これは軽量ノートパソコンをVAIO、NEC、Panasonicでもだしていますがあっちを買った方が絶対にマシです。価格は13万〜18万円くらいしますがそれと比較し、安価なWindowsタブレットで済むかといえばそうなりません。

 

過去、MacBookAir11インチも買った事があり、11インチって姿勢も眼精疲労もめちゃくちゃ疲れるなぁと思っていました。Retinaディスプレイで作業領域が広く、そこそこ大画面が欲しいと13インチにしましたが重量的に300グラムも差がないんですよね。モバイルバッテリー1個ですが全然、快適さが違います。

 

やっぱり小型すぎるのは自分には無理だなぁと感じました。

通勤で毎日鞄に入れててもまったく使う機会は訪れませんし、日々の生活ではスマートフォンでも十分な気がするのです。

 

使いにくくて最悪だったWindowsタブレットは安価で購入していましたがこれを3万、4万円で買っていたら、相当、後悔していたでしょう。

やはりしっかりとしたノートパソコンのほうがメイン業務で使うには全然いいです。これは勉強になりました。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。