2015
01.19

iPhone保有者の8割はiWatchの購入に興味が無いことが分かりました

コラム

期待と話題性とは裏腹に……。

いよいよ正式発売が迫るアップル初のスマートウォッチ「Apple Watch」ですけど、なななんとアップルの本場米国においてさえ、ほとんどの人が購入する予定はないと考えていることが明らかになりましたよ。

スクリーンショット 2015 01 19 6 50 28

昨年末から今年にかけて、米メディアのQuartzが米国内で「SurveyMonkey Audience」システムを利用して実施発表した調査によれば、すでにiPhoneを利用しているユーザのうち、2015年中にApple Watchを購入する予定だと回答したのは、わずかに5%のみ。実際に発売されてみなければ、買うかどうかまではわからないと答えた人を除き、米国のiPhoneユーザの8割以上は、今後1年以内にApple Watchを購入して使うようにはならないだろうとの考えを明らかにしています。

https://www.gizmodo.jp/2015/01/apple_watch8iphone.html

 

メガネタイプにグーグル・グラスは発売が中止になったようなものです。ソニーのヘッドマウントディスプレーも販売はしていますがそれを購入する人は一部の人でなかなか製品として目に直接あてるようなものは難しいと言うことが分かります。

 

時計タイプならば、メガネほど難易度はないと思いますが時計単体でできる事って微妙なんですよねぇ・・・。万歩計の延長程度なら非常に割高なわけです。

 

日本では春頃発売と言われていますが売れないような気がします・・・。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。