2017
12.13

Google HomeやAmazon Echoなど、スマートスピーカーに期待すること

コラム

Google HomeやAmazon Echoなど、スマートスピーカーが発売されました。

AIを搭載していて様々なことが音声で出来るようになります。試しに使ってみましたがまだまだ発展途上という感じを受けました。

一昔前よりも高性能になっていますが出来ることを比較するとスマートフォンで大抵のことは出来ます。その一部を音声認識して出来ている程度です。ここにそれほどの魅力を感じませんでした。

天気を調べるのもスマホで苦痛を感じませんし、ニュースもテレビやラジオでいくらでも流れています。音楽は通勤電車の時にAmazonプライムミュージックを聴いていますが家では聴きません。なのでスマートスピーカーで聴きたいとも思わないわけです。

1

ならどういうことが出来るとスマートスピーカーが欲しくなるのかといえば、ずばり家電でしょう。

音声でカーテンの開閉をしたり、要するに家政婦に命令をするような便利さがあれば欲しいです。自分の労働を他人に負担させる代わりに家電に負担させることが出来るのです。

様々な家電とスマートスピーカーが組み合わさることで期待できることがいっぱいあります。まだそこまで到達していません。

 

このスマートスピーカーもそのうちAmazonプライム会員は4000円値引きなどかなり格安で配るようになるんじゃないかなぁと思います。圧倒的大多数で普及させてシェアを獲得すればメリットがありますのでこの機械そのもので儲けようという動きにはならないと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。