2015
07.31

ETC2.0の普及を目指す!高速道路の割引はETC2.0だけの時代来るか!?

コラム

大量の情報を双方向でやり取りできる「ETC2.0」の普及を進めようと、国土交通省は次世代のETC車載器を利用するドライバーに対し高速道路の料金を割り引く新たな制度を来年度以降、順次導入する方針を固めました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20150726/k10010167101000.html

 Panasonic [ パナソニック ] ETC車載器 [ アンテナ分離型 ] ブラック [ 音声タイプ ] CY-ET909KDZ
Panasonic [ パナソニック ] ETC車載器 [ アンテナ分離型 ] ブラック [ 音声タイプ ] CY-ET909KDZ

ETC搭載車両だけにすべて世の中がなれば高速道路の維持費は3000億円年間で節約できると言われています。

ETC割引がすすんでETCを搭載するクルマが当たり前のようになった世の中ですが今度はETC2.0を普及させようと動いています。

ETC2.0なら割引しますという状態になるんでしょうね。

 

自動車を保有せず、レンタカーの場合、現地で一般道を走るくらいなのでまったくETCや高速道路のお世話にならないため分からないのですが仕事で長距離運転する人はかなり重要になるのではないかと思います。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。