2015
05.07

Appleウォッチに金属アレルギー!?

コラム

AppleはApple Watchの発売時にサポートドキュメントを公開し、アレルギーを持っているユーザー向けの案内を実施していましたが、残念ながら、ユーザーの中には発疹(炎症)のような症状を訴える方がいるようです。

スクリーンショット 2015 05 07 6 20 23

● ニッケル

Apple Watch、スペースグレイの Apple Watch Sport、一部の Apple Watch バンドのステンレススチール部分、Watch 本体およびバンドのマグネット部分には、ニッケルが含まれています。ただし、これらはすべて欧州の REACH 規則 (化学物質の登録、評価、認可、制限に関する規則) をクリアしています。そのため、ニッケルに触れることが問題になる可能性はほとんどありませんが、ニッケルに敏感に反応しやすい方は、その可能性について認識しておいてください。 

 

● メタクリル樹脂

Apple Watch のケース、ミラネーゼループ、モダンバックル、レザーループには、接着剤に由来する微量のメタクリル樹脂が含まれています。メタクリル樹脂は、救急絆創膏など、皮膚に接触する多くの消費財に使われている物質です。人によっては、この物質に敏感であったり、長期間接触を繰り返すうちに過敏になったりすることがあります。Apple Watch やそのバンドは、メタクリル樹脂が含まれる部分が皮膚に直接触れないように設計されています。

https://news.livedoor.com/article/detail/10077182/

 

まだまだ発展途上のウェアブル端末ですがすっかり日本では話題になりませんね。発売して1ヶ月も経過していないんですけどね。

果たして売れているんでしょうか?

 

街でも装着している人を殆ど見かけませんし、かなりのApple信者は買っているようですけど一般人が買うには余りにも高すぎます。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。