2015
07.23

Appleの決算発表!業績好調だがiPadの売れ行きが落ち始めているぞ

コラム

発表のたびに素晴らしい成長ぶりを示すアップルの決算発表ですが、今回発表された2015年第3四半期決算でも、同社が依然として成功を続ける企業であることが明らかになりましたよ。

まず、トータルの売上高は496億ドル(約6兆円)で純利益は107億ドル(約1.3兆円)。前年同期の売上高374億ドルと純利益の77億ドルから大きく数字を伸ばしています。これだけの数字がたったの4月~6月で叩きだされるんです。

スクリーンショット 2015 07 23 6 11 40

また製品別の個別売上台数はこちらです。

 

・iPhone:4750万台(前年同期は3500万台)
・iPad:1090万台(前年同期は1330万台)
・Mac:480万台(前年同期は440万台)

 iPhoneが前年度マシマシなのはもうなれっこですが、iPadの売り上げが減っていることが気になりますね。最近は大型なファブレット端末などの登場により、iPadなどのタブレット端末が押されているとも聞きます。

https://www.gizmodo.jp/2015/07/q3apple_watchipad.html

 

自分が購入して利用するのと同じ売れ行きになってますね。

iPadやタブレットは一度普及するとメイン機にならないため、それほど高性能な機種が出るたびに買い替えをしようという感じになりません。

旅行や出張で出かける時はタブレットなどを持ち歩かず、MacBookAirとスマートフォンです。意外に自分の人生ではモバイルバッテリーの必要性になった事もなく、USBとコンセントで充電できるアダプターを1個持てば問題ないといった感じです。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。