2015
07.29

Androidのゲームがテレビでプレイできるゲーム機OUYAが買収される

コラム

Android用のスマホゲームが起動でき、コントローラーでプレイできるという機器を資金10億円も集めて作成された会社であるOUYAが買収されました。

発売当初は話題になり、ビックカメラの店頭でもチラシを見かけたような気がします。その後、まったく進展がなく消えていきましたが売れなかったんですね。

スクリーンショット 2015 07 29 8 05 21

月額数百円たしか500円だった記憶があります。

これでファミコンみたいなレトロなゲームは定額でプレイでき比較的新しいゲームは都度購入というスタイルをとっていました。

 

こういったクラウド系のサービスって電子書籍の時もそうですが散々、紙媒体などの購入と違いお金を出してクラウドに資産を貯めこんでも突然のサービス停止ですべてパーになるところが痛いですよね。

だから未だに電子書籍をメインで買いまくろうという気になれません。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。