Amazonや楽天でものを殆ど買わなくなって1年が経過しました

コラム

Amazonの購入履歴を見ると、2017年は殆どものを買っていません。買っていないので宅急便が家に来ることもありません。過去10年間の購入履歴を見ると時代、時代で買う物が違ってきます。若いときは仕事を学習するための本を見ることが多かったです。いまはそういう本を買うこともなく、ビジネス書を見るときは図書館で借りたものを見ます。そもそも本屋に行くことすら殆どなくなりました。

株の売買もしないため、ウォーレンバフェットの本を読むこともありません。

子供が生まれたばかりの時は赤ちゃん用品を頻繁に買っていましたがそれも2番目の子供になったときにはお下がりを使用しているのでオムツやおしりふき以外はまったく購入しなくなりました。漫画本や雑誌は立ち読みで見ることもありません。フライパンや包丁などもみんなAmazonで購入していましたが包丁などは5年前に購入し、いまでは買い換える気配もありません。ものを長く使うようになりましたし、何かを買うとしても100円ショップなど安いものを利用するようになりました。

この為、家にはものがあふれていません。必要なものしかありません。衣類も下着はワンシーズン3着をヘビーローテーションで着て、ワンシーズンで捨ててしまいます。下着もワイシャツもいままで購入していた価格よりも遙かに安い価格で買っています。

買い換えはノートパソコン、タブレット、デジカメなど技術革新が速い物は買い換えサイクルが速かったのですがタブレットはAmazonタブレットを4980円で購入して満足して利用しています。いままでiPadを44800円も支払っていたと思うと発狂ものです。ノートパソコンもメインで使用するものは3万円のDELLのセール品です。昔はデスクトップパソコンを15万円くらいで買っていたので破格の安さです。こういった機器は昔と比較するとどんどん安いです。安い割に買い換えはしません。

 

楽天は2年以上なにも買っていません。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。