2015
01.22

AmazonのKindleがパソコンにも対応するようになりました。 AmazonのKindleがパソコンにも対応するようになりました。

コラム

AmazonのKindleがパソコンにも対応するようになりました。

操作性はしっかりと保たれているようです。

スクリーンショット 2015 01 22 6 25 28

でも対応しているOSがWindows8なんですよね。

タブレット型のOSとしてWindowsを意識しているわけではなく、単純に開発を簡単にしたのかも知れません。

タブレット型のWindowsが法人で好評という記事が日経新聞にありましたが実際に購入して使った私はタブレットとしての利用は最悪。

ブルートゥース接続のマウスにキーボードがあればやっとノートパソコンと同じように使えるというものでした。数日、お正月休みにセットアップで起動させてからまったく利用していません。

 

このパソコン版のKindleですがやはり、Macには対応していないんですよね。

Mac対応のソフトがめちゃくちゃ少ない。この状況でMacBookAirをドヤ顔で使う人はMac便利といいますが全然、便利じゃありません。

 

便利なのはWindows Updateがないこと、キーボードが好きでタイピングしやすいこと、ショートカットで画面ハードコピーを座標していしてできる事、ブログ管理のソフトで気に入ったものがあること、トラックパッドがWindowsの比ではないほど優れており、外出時にマウスが必要でないこと。

Retinaディスプレイの割に13万円くらいで買えること。しかもSSD。

 

そういうメリットでMacBookとか買いますがWindowsよりもソフト面ではかなり不利です。Boot CampでWindows7を入れていますがめったに起動させませんね。steamでゲームをやる時ぐらいでしょうか。MacでもOfficeがありますし完全互換と言われていませんが個人が自宅でやる程度なら、何も問題無いです。

 

KindleもMacに対応して欲しいですよね。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。