40代リストラ予備軍の悲鳴

コラム

40歳になるとリストラに怯えている人が増えています。大手でも定期的にリストラの波が訪れています。自分が知るかぎり正社員を大幅にリストラしていない大手は、トヨタ自動車ですね。こちらは期間工などは大量に抱えていますが正社員はリストラをしていません。

一方で電機業界は悲惨です。どこも定期的にリストラを頻繁に行っています。最近では、シャープや東芝も大規模なリストラをしています。これだけの大手がこんなに苦戦するとは誰が思ったでしょうか?バブル時代には想像もつかない状態です。

 

日本では終身雇用が未だに強いです。ですが実態は既に終身雇用ではありません。

新卒で終身雇用を意識しての会社を探して、有効求人倍率1.3くらいの中で内定を探します。就職氷河期時代は有効求人倍率が1を割り込みました。そんな就職活動を何とか生き残っても40代でリストラの恐怖がやってくるわけです。

 

リストラが騒がれる時代ですがおかしな現象も起きています。社内失業とか社内ニートと言われる人々が必ず発生しているのです。会社が大変な状況になっていてもそういう人は雇用は維持されます。クビにはならないですし、重要な仕事をさせられる事もありません。ずっと暇なのですが雇用されるのです。出世もしません。

政府は女性管理職を増やせと言っていますので、この状況でリストラなど増加傾向ですが女性管理職も増えています。男性で出世できない人が可哀想に思えるくらいこの人が?と思えるような人が管理職になっています。

女性管理職も結婚しても子どもがいないパターンが多いです。子育てをしつつ、管理職になるというのは余程の会社しかありません。

 

40代になると襲ってくる「こころの定年」というものがやってきます。

それは当然だと思います。男性は大学まで競争で勉強をして、それで何とか就職をします。就職後も仕事、仕事で多忙な人生を歩みます。ヘトヘトになっても満員電車に乗って決まった場所へ、決まった時間に行くのです。中にはうつ病になる人もいます。

うつ病になり休職し、そのまま退職してしまうケースもあります。独身ではなく家族がいて子どもがいるのにそういった状況になっている人もいるのです。

こんな人生で良いのかな?体力も衰えて、段々とこれから頑張ろうと思えなくなってきます。人生に苦しんでいる人も多いのです。

 

社会人が専門学校の通信制や夜学に通って国家資格を取るというのも現実的ではありません。

専門学校の夜学は16時開始や遅くても18時ですし、土日はやっていません。なので仕事をしている人が夜学で国家資格を取るというのは難しいです。専門学校の方もターゲットをしているのがフリーターです。もしくは学校に通っているけれども専門学校にも行きたいという学生です。春休みや夏休みに集中して講義をするといケースがありますがこれも現役で仕事をしている社会人をターゲットにしていないからです。

退職して2年位アルバイトをしつつ、夜学に通うというならば可能ですがこれは40代でこころの定年を迎える中年には意味が無いことでしょう。

 

日本は少子高齢化になり、急激に人口が減ってきます。仕事もなくなり、倒産も増えるでしょう。そのような状況でも社会保障費は重くのしかかってきます。いまいる40代の年金を少子化の子供世代が負担するわけですから負担できるわけがありません。いま学生だったり、社会人で中年になりかけている人はこれからは悲惨だと思います。

 

空室率も増加していると言われています。アパート投資もこれから参入するにはリスクが高すぎます。古い物件は空き部屋が増加しています。それでも家賃を相場より極端に下げてしまうと店子の質が悪化してしまうので家賃を極端に下げません。空き家のままにしておくわけです。いまでもアパート建設は増加傾向です。新築タワーマンションや新築戸建ても勢いが止まりません。毎年かなりの件数が供給されています。売れなくなるし、借りる人が減るのは当然です。

 

これから中年になる人は未来が見えません。運が良ければ普通の生活が出来るでしょう。普通の生活も出来ない人が増えています。貯金が殆どない世帯が増加しています。

就職氷河期で正社員になることが本当に難しい時代がありました。地方の空き家などはそのうち中国人が投資用で買うでしょう。お金をいっぱい持っていますし、中国では社会主義が一般的に土地は借地です。所有権として何世代も引き継ぐことが出来ません。なので日本の土地価格が半値になると良質の木材、水質が良い場所を狙って土地を漁るでしょうね。

さようなら日本人。純日本人はこのまま消えていくでしょうね。私は日本人ですが自分の将来もこの国の将来も悲観的な部分しか見えません。非常に厳しい時代です。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。