2016
02.09

20代男性の一人旅が増加中。過去に例がないため、旅行代理店が戦略に迷う

コラム

インバウンド(訪日外国人客)の取り込みを狙って、旅行業界や流通業界があれこれと策を巡らせるなか、観光業界ではあるデータが話題を呼んでいる。それが、じゃらんリサーチセンター(運営元:リクルートライフスタイル)が発表した「じゃらん宿泊旅行調査2015」だ。

PHM01 0093

 これまで旅行業界では、流行に敏感な女子をいかに取り込むのかがキーポイントとされてきた。旅行代理店は20代をターゲットにしたツアーも多数扱っているが、ここ数年にわたって力を入れてきたのが「女子旅」だ。女子だけで楽しむことを主眼に据えた旅行ツアーは、年を経るごとにシェアを拡大してきた。

 さらに30代以降の家族旅行もメインターゲットに据えてきた。旅行代理店としても個人に売るより3~4人の家族に売るほうが効率的に稼げる。家族旅行の際に決定権を持つのは、財布を預かる母親が圧倒的多数。そのため旅行業界は、女性が行きたくなるような旅を提案してきた。

https://news.livedoor.com/article/detail/11153184/

 

20代の男性一人旅かぁ・・・青春18きっぷ?

旅行へ行こうと言う人は自分の世代には殆どいなかったな。昼飯も一人で外食をしたくないという人もいるくらいですからね。

私は、旅行へ行きすぎて嫌になりました。家でゆっくりしたいです。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。