2017
09.13

20代でもっとも欲しいのは休息らしい。日本だから仕方がないって感じはします

コラム

日本リカバリー協会は9月8日、社会人の疲労・休養の実態調査の結果を発表した。調査は8月21~23日に実施、20~60代の働く男女1000人から回答を得た。

1日の中で足りないと感じる時間を聞くと、最も多かったのが「休養・睡眠をとる時間」で59.7%。この項目はどの年代でも1位で、特に40代(68.5%)、20代(62.0%)にそう感じている人が多い。

次いで、「趣味・遊びの時間」(50.1%)、「運動をする時間」(37.9%)、「家族団らんの時間」(14.1%)と続く。一方「仕事」(8.5%)や「家事をする時間」(8.6%)は1桁台にとどまった。

 

休息「時々とれている」が増加も、過半数が「とれていない」

0911ne2

日々の生活の中で十分に休息がとれているかを聞くと、「全くとれていない」(9.2%)、「ほとんどとれていない」(12.0%)、「とれているとは言えない」(32.1%)の合計が53.3%となった。過半数の人は満足に休めていないようだ。20代、30代では「全くとれていない」がどちらも13.0%となっている。

一方で「十分とれている」は全体で11.2%に留まり、2016年実施の前回調査より3.7ポイント減となっている。しかし「時々取れている」(35.5%)は14.6ポイント増えており、休養への意識改善が見て取れる結果ともいえそうだ。

また「今欲しいもの」を聞くと、「お金」(87.2%)、「時間」(55.2%)に次いで「休養」(53.0%)が3位にランクインしている。以降「趣味に使うもの」(17.9%)、「パートナー」(12.8%)、「家」(9.2%)、「車」(8.6%)と続く。恋人や家、車より「休養」を求めている人が多いようだ。

年代別に見ると、「休み」は60代が前回比21.3ポイント増で52.3%、40代は12.2ポイント増で55.2%となっている。また20代は「休み」が54.7%なのに対し、「パートナー」16.9%で前回比11.3%減、「家」が8.0%で3.5%減、「車」が7.0%で3.0%減と軒並み数字を下げている。「若者の〇〇離れ」は「休養」が足りていないから、とも考えらえそうだ。

休養をとるために行っていること「特になし」が4割以上

実際に1日の中でどれくらい休養に時間をかけているかを聞くと、1位は「0分」で34.8%。次いで「1~10分」(28.4%)、「11~30分」(21.8%)と中々休む時間が取れていないことが分かった。

休養を取るために毎日欠かさず行っていることを聞くと、最も多かったのは「特になし」で42.8%。能動的に休養をとる習慣がない人が多いようだ。実際に何か行っているという人は「湯船につかる」(22.3%)、「ストレッチをする」(21.6%)などリラックス系も多いが、「栄養ドリンクを飲む」(10.5%)という人もいるようだ。

https://blogos.com/article/245559/

 

家族がいる人を見ると、住宅ローンなど出費が増えるので奥さんも共働きで土日の休日は一緒にならず、夫婦で子どもと一緒に出かけることが年に数回という家庭も多くなりました。そんな

ことを言うと高度経済成長期なんて父親は子どもなんて専業主婦に任せて仕事だけしていたという時代もありました。

 

自分の場合、休養がなかったり、忙しくて脳が休まらないとき、風邪などで体調が悪いときはだるいですね。しかもぐっすり眠れなかったりします。そういう状態だとゲームしてみようとか思えないですし、余暇を楽しむとか出来ませんね。若い人が出世しないで責任ある仕事をしたくないという気持ちも分からなくはないです。労働時間は少なくても責任のある仕事をしているとストレスが半端じゃなくあります。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。