2015
08.18

19時台のアニメが世の中から消えた理由は、少子化だけではなく塾で不在とか

コラム

19時台にアニメが放送され、一部を除いた多くの作品が視聴率20%以上を記録していた1980年代を“黄金期”とし、「『20%切ったらアニメじゃない』と言われていた」と当時を振り返った。

そして、平日19時台から日曜朝にアニメ枠の主軸が移ったことについて、「すごく単純なこと」とした上で、「少子化」と「(特に都会の)子ども達のライフスタイル変化」と挙げた。

スクリーンショット 2015 08 18 6 40 38

少子化により、子どもたちの視聴率サンプルが減っているため、視聴率も下落。全盛期に20%以上連発だったものが、平均12%程度まで落ち込んでしまった。無料広告型のモデルで放送している以上、視聴率悪化は取捨の判断となるのは避けられず、結果、19時台からアニメは消えていくことに。

同時に「もう一つ苦しかった」のは、都会の子どもが19時台には自宅に居ないこと。「小学校5年生でも在宅率が半分くらいしかいない」「(東京・大阪など大都市圏で暮らす)多くの子ども達は塾に行っている」ため、本来の“適正の時間”(=子どもが帰宅している時間)は21時、22時になってしまう。しかし、その時間帯は「月9」をはじめ大人向けの視聴率を獲っていたコンテンツ(※当時)がすでにあったことから、アニメは土日へ枠移動せざるを得ない状況となっていった。

また、19時台からアニメ枠が姿を消す際に、日曜朝に「移す」以外に、アニメ枠自体を「なくす」との選択肢もあったそう。ただ、清水氏はこのとき「移す」の判断をしたことは、結果的に良かったと考えているという。

https://www.narinari.com/Nd/20150833194.html

 

現代では19時のアニメが全然ありません。自分たちの時代ではドラえもん、ドラゴンボール、セーラームーン、名探偵コナンなど普通に放送されていました。いまは日曜日の朝にアニメが集中しています。妖怪ウオッチ、ドラゴンボールスーパー、ワンピースなど。

この理由が何と都心の子供は塾で19時に家にいないという理由ですからね。驚きました。

 

ものすごく世代のギャップを感じますねぇ。

少子化でアニメが減ったという事ですが時代劇も放送が減りましたね。今放送されているものは殆どが再放送です。新たに時代劇が撮影されなくなった理由としては視聴率の割に撮影のコストが掛かるからとか・・・。みんなテレビはあまり見なくなったんでしょうかね。

 

深夜アニメなど大量に放送されていたものを録画してよく見ていましたが最近はまったく見なくなりましたね。なんでだろう。飽きたのかな。ストーリーがライトノベルなど、展開がなくだらだらしているのが嫌になったのかもしれないです。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。