2015
07.13

11月開催の金沢マラソンで「きんつば」や「カレー」「おにぎり」などをコース上に設置しランナーに提供

コラム

11月に開催される金沢マラソンでは地元の和菓子やフルーツが提供されることとなった。北陸新幹線の開業にあわせて11月15日に初めて開催され、1万2000人が参加予定。金沢マラソン運営委員会では、石川・金沢の食文化をPRしようとコース上に「食べまっしステーション」と名付けた休憩地点を設け、地元の和菓子や果物をランナーに提供。休憩地点はコース上5箇所に設けられる予定で、金沢市のひがし茶屋街休憩地点は「きんつば」「らくがん」などが用意される。スクリーンショット 2015 07 13 6 14 49ランナー達には食べやすいように大きさを工夫して提供するとのこと。そのほかに提供されるのは石川県産米おにぎり、金沢カレー、金沢のスイーツ。先日試食会が行われた。

11月開催の金沢マラソンで「きんつば」や「カレー」「おにぎり」などをコース上に設置しランナーに提供

 

金沢マラソンではきんつばかぁ・・・長距離本気で走っている時に自分だったら食べれないなあ・・・どうなるんだろう。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。