2015
03.04

騎馬戦で転落し、下半身不随になる生徒が県を相手に訴訟。2億円の勝訴に

コラム

騎馬戦による転落事故で下半身不随になった生徒が県を相手に訴訟をしていました。

福岡県の県立高校で行われた体育祭の騎馬戦で生徒(当時)が騎馬から落ちて障害を負ったのは、学校が安全配慮を怠ったからだとして、福岡地裁(永井裕之裁判長)は3日、学校を設置管理する県に約2億円の損害賠償の支払いを命じる判決を言い渡した。

https://www.asahi.com/articles/ASH324J3LH32TIPE011.html

 C812 ranningucyunodansei500

内容を見ると十分な練習をせずに騎馬戦をやらせたようです。

自分の時代もそうですが運動会の練習で騎馬戦の安全を確保するために十分な練習を学校が行うということはありえないと思います。

先生は安易に「お前下になれ!」とか言って当日、騎馬戦の騎馬として支えれば良いと考える程度です。

しかし、騎馬戦は非常に危険です。

 

この他にも運動会では組体操が10段など、どんどん高層化しており、下段の人の負担が凄まじいです。なのに未だに平然と学校では組体操を運動会でやらせています。かなり危険であり、そのうち障害が残る事故になると思います。

 

自分の時代ではくまで競争で事故がありました。ひざあてなどもなくジャージだけでくまで競争をするわけです。

転倒するのが当然の競技でそのまま引きずられるため、脚の皮がめくれるほど大怪我をします。その怪我の跡が生涯残りました。

これも十分な練習をせず、先生が学年で競争し勝ちたいという思いで十分な安全配慮をせずに実施していました。

こういった事は本当に多くなりました。

 

よくモンスターペアレントと先生や学校に対して意見をいう親が多くなったのですが運動会の危険な競技について辞めさせろという親は少ないのでしょうか。未だに改善されないことが不思議です。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。