2015
04.20

関西電力が経営難で電気料金を9%以上も値上げ!!震災前と比較し、家計負担は毎月2400円も増加

コラム

関西電力が経営立て直しのため、経済産業省に認可申請した家庭向け電気料金再値上げの手続きが大詰めを迎えている。申請内容を審査する経産省の専門小委員会が21日にも結論を出し、消費者庁との協議などを経て6月以降に9%前後値上げされる見通しだ。一昨年春の値上げに続き、家計に負担を強いる関電だが、経営改善への道筋はまだ見えない。

 

 関電は平成25年春に家庭向けで平均9・75%の値上げを実施。今回の申請は平均10・23%の値上げで、標準的な世帯(夫婦と子供2人)では月8800円前後になるという。東日本大震災前に発表した23年3月の料金は6400円だった。

https://www.sankei.com/west/news/150419/wst1504190050-n1.html

 

PHM15 0336

結構、家計負担大きいなぁ・・・。

独身でワンルームに住んでいると電気料金の負担はそこまで感じないけど、一戸建てを持って家族がいるとめちゃくちゃ負担を感じます。

 

何だかんだで専業主婦っていうのは年収がかなり高い男性じゃないと出来ないことだよなぁ・・・。

専業主婦なのに貯金まで出来る家計で子供が2人、学校へ行かせて習い事もさせるとなると住宅ローンがある場合、年収800万円が必要ですからね。

年収600万円でもかなり切り詰めれば貯金も出来るでしょうけど、この年収の世帯ですら10%以下ですからね。

専業主婦が悠々自適に出来る今の世代は5%以下なんじゃないでしょうかね。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。