2015
03.02

鉄道ヲタの怒号が飛び交い最後の運行である京成電鉄3300形が後味の悪い終わり方になる

コラム

京成電鉄が約46年間運行した電車「3300形」が28日、引退した。「さよならイベント」が行われた京成成田駅(千葉県)のホームには、最後の雄姿をカメラに収めようとする約600人の鉄道ファンが殺到し、押されて転ぶ人が出るなど一時、混乱した。

スクリーンショット 2015 03 01 21 44 41

1968~72年にかけて製造された京成の通勤型電車。都営地下鉄1号線(浅草線)乗り入れ用電車として登場した3000形の流れをくみ、初期の塗装にちなんで「赤電」の名称で親しまれたが、老朽化に伴い、廃止されることになった。

 この日は70年当時と同じ「特急成田山」のヘッドマークを付けて、京成上野駅(東京都)を出発。午前11時40分過ぎに京成成田駅に到着したが、写真を撮りたいファンが「押さないで」という社員の制止を聞かずに押し合う危険な状態に。子供が人ごみの中で圧迫され、ファン同士の怒号も飛び交って後味の悪い引退劇となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150228-00000061-mai-soci

 

最近、鉄道ファンの強引な事件というそういう話題が多いですね。

接着剤を詰めたとか、子供を本気で泣かせたとか、東京駅100周年記念スイカを純粋に買いに行った人も鉄道ファン何でしょうけど、全体的に見たらそこまで悪い人はいないと思いますが一部の熱狂的な鉄道ファンが非常に攻撃的です。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。