貧困の話はそろそろ飽きてきた。昔から一定数はそういう人がいつの時代もいたよ。それが同世代になっただけ

コラム

月収13万、ネットカフェに寝泊りする日雇い労働者・30歳「こんな生活続けたくない…」
これまであらゆる形態の貧困問題を見てきたSPA!だが、今回は貧困を生む“街”の構造を解き明かすべく取材を敢行。なぜ特定の街で貧困が生まれるのか? そこから脱することは可能なのか? 住民の声とともに見ていきたい。

◆“新たなドヤ街”が都心の外縁部に出現

 労働者に日雇いの仕事を斡旋する「寄せ場」、日雇い労働者のための簡易宿泊施設が立ち並ぶ「ドヤ街」。過去の遺物のように思われがちなこれら地域だが、今も形を変えつつ残り続けているという。

 新宿駅近辺のネットカフェで出会ったのは田島明さん(仮名・30歳)。彼もすでに3か月以上家のない生活を続けている。

「友人とルームシェアをして家賃を折半していたのですが、彼が地元へ帰りひとり暮らしに。家賃の負担ができず、退去して新宿駅徒歩15分で月3万円のシェアハウスに転がり込みました。共用スペース以外はカプセルホテルの一室に近い寝床があるのみ。ただ、ほかの住民から嫌がらせを受けるようになり、2か月で退去。それ以降はネットカフェ生活です。仕事はずっと食品倉庫で働いています。同僚や上司には、家がないことがバレてないと思うんですが……。親を頼ろうにも、母が病気の自宅療養中で僕どころではありません」

 仕事が終わるのは20時頃。その後、ナイトパックが適用される22~23時まで公園などで時間を潰し、今夜の寝床に入る。

「シェアハウス時代、自分の置かれた状況や寂しさで発狂しそうになっていましたが、今はこの生活にも慣れました。いつまでもこんな生活を続けたくないけど……少しずつ貯金するしかないですね」

 田島さんの月収は約13万円。そこから日々の宿泊費や通信費、生活費を差し引くと手元には毎月1万円が残るかどうかだという。NPO法人・もやい理事長の大西 連氏はこう語る。

「住まいを借りられるよう保証人になったり大家と交渉するなどの支援を我々も行っているのですが、こうした貧困は目に見えづらく、こちら側から積極的にサポートの声をかけにくいのが現状なんです」

 全労働人口における非正規雇用の割合は4割を超えたともいわれる昨今。今後も増加が続けば、それに比例するように“新たなドヤ街”が都心を取り巻くように増え続けていく可能性は高いだろう。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170811-01373978-sspa-soci

 

最近、このような記事を積極的に見ることがなくなってきた。いつの時代も貧困層は一定数存在していたし、生涯独身も一定層存在していた。自分が就職氷河期世代だから、同世代を見ても非正規雇用だったり、収入が少ない人が本当に多い。でも、自分の世代を除いた前後を見るともっとまっとうな生活をして普通の家庭を築いている人も多い。

自分は生活には何も困らないくらい資産があるのでこのような記事を見ても自分とあまりにもかけ離れていて、そういう人がどこに存在しているのかもわからないし、興味もない。

お金がない、貧困、ルームシェアなんて書いてあっても貧困層の生活をのぞき見てそういう人もいるんだねぇという程度で自分はこれよりもマシって安心するような人が多いからこういう記事が人気があるんだろうと思う。東洋経済のオンラインや週間SPA!、女性自身などは定期的にこういった記事を量産しアクセス数をめちゃくちゃ稼いでいるのが実態です。

毎回パターン化して書かれている貧困記事を見ても何もおもしろくない。それに世間も就職氷河期くらいのおっさんの貧困なんて昔からある中年の人生失敗みたいな話でよくあることだと記事にしてもアクセス数が稼げないので読者層とかぶる年代をわざと狙って記事にしている。まぁそういうのが好きで何度も読む人は居るのだろうと思う。

自分はそういう記事や本を読むことはやめた。そういう人は産まれてきた運が悪かったという人もかなり居る。それは本当に残念だ。みんな平等で産まれてくるというのはきれい事に思えるほど格差を感じる。しかし、ある一定数は人生の選択肢をところところでミスしたことが原因だったりする。もっとしっかり人生設計をして教育を受け、資産を蓄え、きっちりと人生設計をすれば貧困にならなかっただろうと思える人もいるし、単に就職氷河期のような運が悪いという人も居る。日本は新卒採用主義なので東京一極集中化に併せて都内近辺に親が住み、低学年から教育環境が充実している人の方が圧倒的に有利だ。そのまま大学も良いところへ行き、新卒という人生で1回だけ使えるスペシャルカードを最大限活用し、新卒で良い就職をする。そのまま何十年もつとめる人の方が有利だ。大手や公務員は終身雇用であるところがいまだに多い。

日本人は新卒採用主義を旨く使い自分の人生キャリアを設計し、空きがないように旨く出生していく方が圧倒的に普通の生活が手に入りやすい。ただ、そうとう努力しても普通の生活を手に入れるのがあまりにもコストも時間も掛かるし失敗は許されず、人生の寄り道も出来ない状態だ。親が収入があり資産もあり、知識もあり、子供の教育や子供と生活することを積極的に行う親と一緒に過ごす子供の方がますます有利になる。一方で母子家庭で生活するための収入を捻出している家庭は不利だ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。