2015
03.31

舌の汚れは癌のリスクを高める!いますぐ舌の掃除もしよう

コラム

舌の表面にできる白い汚れ「舌苔」が多い人は、口や喉のがんの原因になるとされる化合物「アセトアルデヒド」の口中濃度が高いことを岡山大と北海道大のチームが突き止め、27日発表した。

 チームは、舌苔を取り除くと濃度が下がることも確認しており、舌をきれいにすることが、がん予防につながる可能性がある、としている。

 チームによると、舌苔は、食べかすや、口の中からはがれ落ちた粘膜細胞、細菌がたまったもの。口の中が乾燥しやすいと付着しやすく、口臭の原因ともされる。

https://www.47news.jp/CN/201503/CN2015032701002020.html

E146 ishidaiseikou500 

これは!!

歯磨きをすると歯茎もブラッシングした方がいいというのは最近の話です。

歯を失う理由が虫歯ではなく、歯槽膿漏による歯茎から抜け落ちるパターンが圧倒的に多いということです。老化現象で歯槽膿漏になり葉がなくなると言う人は早い人では50代からなります。

確かに自分の周りでも虫歯よりも歯槽膿漏で歯をなくす人が多いです。

 

今度は舌も掃除をした方がいいという話です。

口の中をそこまで洗浄するといいことばかりなんですけど、なかなかそこまで出来なかったりします。

舌の掃除かぁ。意識的に少しやってみますかね。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。