2015
12.25

自称ゲーマーの人は収入が少なく男性であることが多いらしい

コラム

米国人の半数がゲームをプレイするが、自称ゲーマーたちは、単にゲームをプレイする「非ゲーマー」たちと比較すると、年齢は若く、男性で、白人以外の人種であり、収入が少ないという調査結果が発表された。

スクリーンショット 2015 12 25 6 28 12

自分自身を「ゲーマー」と呼ぶ、およそ20パーセントのゲームプレイヤーたちは、より広範な普通のゲームプレイヤーたちとはかなり異なっているようだ。
例えば、今回の調査によると、ゲームをプレイする男性と女性の割合はほぼ同じだ。男性は50パーセント、女性は49パーセントがゲームをプレイすると回答している。
だが、男性の方がはるかに自らを「ゲーマー」と呼ぶ傾向が高い。その割合は、女性が6パーセントに留まっているのに対し、男性は15パーセントとなっている。
自己規定におけるこのような違いは、なぜ全回答者の60パーセントが、「ヴィデオゲームをプレイするほとんどの人たちが男性である」と思うのか、その理由を説明するものになっているのかもしれない。

https://wired.jp/2015/12/19/survey-gamers-are-poorer/

 

ゲーマーって収入が少なく男が多いって・・・。

これを日本のネットゲーに当てはめるとぴったりと話が合うんですよね。ネトゲ廃人で最強は仕事していたら無理なほど、そこに時間と労力を費やさないと駄目です。

一方で女性キャラクターも多いのですが中の人の割合を見ると圧倒的に男性が多いわけでアバターの性別は必ずしも一致しないということが分かります。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。