2015
08.16

自分のスタイルはがっちり書斎に家具を抱えるよりもリュックサック1つでノマドワーカーがいい

コラム

イケアに行くとおしゃれな家具も安価に売られていて、いつかは自分も書斎を持ちたいなぁと思っていました。

それが歳を重ねるといつかは書斎からいつかは別荘に考えが変わってきます。こういった家具で統一して自分だけの空間ができたら素敵だろうなぁと思うわけです。

スクリーンショット 2015 08 16 17 00 56

でも、自分の生活で飛行機、新幹線、高速バス、路面バス、タクシーなど様々な移動手段で移動し、移動中や到着先のカフェ、スマホ、テザリングなどの通信、公衆無線LAN、電源などを考慮し、飛行機に登場する前に少し作業するなど、都度都度、スキマ時間に何かをするということが多いことがわかりました。

 

会社へ通勤している時も朝はまずカフェに行ってコーヒーを飲みつつ、1日や週末の行動計画を10分、15分でメモします。

こういった時間が重要で「あれ、意外に自分には専用のスペースや机なんて必要ないじゃないか」って思えたわけです。

 

必要なのはMacBook Airやレッツノートなどの軽量でそこそこバッテリーが長持ちするノートパソコンとスマホまたはモバイルルーターなどでテザリングなど外出先でも通信できる必要があります。

スマホはバッテリーの消耗が激しいのでモバイルバッテリーは必須です。モバイルバッテリー以外にコンセントに差すUSB充電ケーブルなどもあると便利です。

 

ホテルやカフェ、移動中、または空港でも10分、20分だけでノートパソコンの作業をすることが多いです。

休日、一人で出かけるとき(子供がいない時)などはノートパソコンを膝の上に置いて、電車の中でも作業は出来ます。こういったスタイルを何度も繰り返してくると、これが自分には一番あっているなと思えるようになってきました。スキマ時間で作業するわけです。

 

書斎や別荘でどっしり構えて専用の机と椅子を用意して時間を拘束して何かするような事ではありません。

こうなるとモバイルノートパソコンのバッテリーは消耗品だと2年位徹底的に持ち歩いて使いまくるほうが自分にはあっているなぁと思えたわけです。

 

リュックサックにどうやって重量が重くならないように積めるか、長距離移動する場合は電車の網棚に荷物を置くし、現地に到着して観光を楽しむなら、ホテルに荷物を預ける。そうじゃない場合はコインロッカーに荷物を預けて軽量な格好で出歩きます。

その時に重要なのはデジカメとスマホ、財布くらいです。

 

物をいっぱい持つ必要はありません。

本当に必要な物を選ぶ、特に毎日、毎週で自分は何に時間を使うのか、頻繁に使うものは何かそういうものがわかっていれば買う必要があるものが分かってきます。1度購入するとあとはもっと買おうと言うことはありません。それがダメになった時に買い替えをするくらいです。

なので自分の場合、ノマドワーカーと言われるスタイルが一番適していると懐いました。ノマドワーカーと言っても本業で無職というわけではなく、趣味でノマドなわけです。

 

この他にも娯楽はスマホでも映画や録画したテレビを簡単に楽しむことが出来る時代です。音楽プレイヤーにもなる。

そんなにあれやこれやとお金を使わなくてもこれだけあればいいものって実はあるんですよね。結局は人生を効率よくするためのツールなわけです。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。