2015
07.29

腕時計が壊れたけど高いものを買いたくないのでGショックの逆輸入版を購入

コラム

腕時計が遂に壊れました。

アマゾンで購入したセイコーモデルで1万円くらいでした。約4年間使用し、その間に1度電池交換をしています。

 

腕時計ってメインで段々使わなくなってきました。

通勤の朝と夜に電車に乗り遅れないか時間を素早く見たいときにスマホを取り出して電源をポチポチするのが面倒で腕時計が欲しいという感じです。

仕事中はパソコンのタイピングをするときに腕時計を身につけていると不快なのでいつも取り外しています。

 

ならば今度はタフなGショックを安く買えばいいんじゃないかと思うようになりました。

デジタルなので高額なアナログ時計ではカレンダーが自動で30日と31日の訂正をすることが難しいですが簡単にできます。

スクリーンショット 2015 07 29 8 10 23

液晶もバックライトが付いているので夜でも困りません。

しかもGショックはアクティブにアウトドアに持って行っても壊れにくいです。防水も浸水200Mまで行けるのでダイビングでも可能かと思われます。

 

そんなGショックすらお金を出したくないし、かと言って家電量販店で1個1000円、2000円で販売している腕時計ではとても5年は持たないだろうと思いますのでGショックの海外モデルを逆輸入です。

 

円安のため6000円くらいしますが円高の時は4000円、5000円くらいで買えていたようです。

同じモデルで日本版は1万円です。

これはGショックの初代モデルなのでデザインは最初の最初からほぼ同じというものです。無難にこれにしました。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。