2015
01.30

結局、Xperiaタブレットを保有し続けて、買ったばかりのiPadを売ることにしました

コラム

ソニーのブルーレイレコーダーでテレビをWi-Fi転送しストリーム再生しています。

iPadとXperiaの両方を使っており、最近のソニーモバイル事業縮小とか頑張らないとか、リストラ1000人という話ばかり出てきて、Xperiaが好きでしたが売ってAppleに戻ろうかなと本気で悩んでいました。

 

それで実際に売る準備をしていたのですがXperiaじゃないとやっぱり駄目だーってことになりました。

理由は簡単!

 

ソニーブルーレイレコーダーはiPadのTwonkybeamの場合、録画中で再生できませんと平気で制限かけるのに自社のXperiaの場合、普通に再生させるからです。この再生の安定さがぜんぜん違うんですよねぇ。

自社製品と他社でこんな差をつけているんです。

スクリーンショット 2015 01 30 6 32 52スクリーンショット 2015 01 30 6 33 14

さらにiPadで頻繁に動画を放り込みたいとなると、これがまた難しい。16GBモデルなどを買っているのですぐに容量不足となる。

グーグルドライブやドロップボックスのクラウドサービスが1TBで年間12000円までに大幅値引きされたことからこれらを利用しようかなぁと思ったけど、外出時にはLTE回線で通信しないとデータにアクセス出来ない。

 

MVNOという月額1000円程度のサービスでは使いにくいわけです。ましてや普通の月額8000円スマホを使っている人でも動画を頻繁に再生することは難しいでしょう。

 

そうなるとWi-Fi対応の外付けHDDなどが必要になります。重量はバッテリー込みで200グラム以上です。価格は約2万円。

iPadで動画環境を維持するなら、こういう周辺アプリや別の機器を持ち歩かなければ行けません。Xperiaならば軽量なmicroSDカードを差し込めば事足ります。しかも防水でテレビ再生向きの液晶です。

これはソニーがテレビ事業で培った技術です。

 

今更ながらアイパッドミニを買うと文字が小さいネットのニュースを見るといまのタブレットよりも写りが悪いのが明らかです。

こういうことを総合すると、iPadを買って半月なのですがXperiaを残してiPadを売るという選択肢の方がコスト的にもマシになってきました。

あーあ、無駄に数千円出費ですよ。ソニーもっと頑張ってもらいたいものです。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。