2016
10.27

結婚できない!!卵子を凍結しておばあちゃんになっても産みたい!!でも、凍結卵子で出産はレアな件数どうする!?

コラム

昨日のグローズアップ現代もなかなか良い内容でした。

卵子を凍結保存する女性の特集です。費用は採取で35万円、保存で65万円なので合計100万円かかる感じです。

卵子を凍結する人は30代前半も多いですが自然出産のリミットがある30代後半女性がこの技術を利用しているようです。

10

クローズアップ現代では、卵子を凍結しても結局、何年も期間が経過しても凍結した卵子を取りに来ず、結婚もせずに高齢化する女性が増えているようです。

異性にモテないんですね!!

とか書くと敏感に反応される人が居るのでアクセス数増えそうです。

 

ただ、まわりを見ているといまの40代はバブルを経験している女性で仕事とかお金と消費を優先して結婚しない人が意外にいます。

一方でめちゃくちゃ若い20代前半は、お金よりも結婚して子供を産むのは当たり前。老後不安だしという感覚が強い気がします。そういう女性が多く、20代で結婚している人が多いです。

 

都内で自分が感じる感覚だと年収500万円くらいある男性は何だかんだで今期が遅くなろうが結婚している人が多いです。

女性も派遣とか色々な仕事があり、年収350万円くらいだったりしますがそういう組み合わせで結婚するパターンが多いです。結婚しても共働きを続けて、2人名義で住宅ローンを組んで子供を保育園に預けて仕事を続けてというものです。

そうなると世帯年収は、800万円、900万円あったりするので普通に生活できてしまうんですね。

年収600万円くらいでいいやって言う女性は正社員や派遣の仕事をやめてパートで週数回、数時間だけ働くようになります。毎日家に居るだけでは暇だからと言う理由で働く人も居ます。社会と繋がっていたいというのも理由だったりします。

 

よく言う結婚できない人で女性が年収600万円以上の男性とか700万円以上とか言うのは女性が働かないことを前提に言っている人です。こういう人は結婚できていない気がします。

仕事はしないで専業主婦になり、消費はバブル期並みを希望するというものです。確かにそういう結婚もする人も居ますがそういう奥さんを貰う男性を見るとそれなりの収入がある仕事をしていたり、学歴があるため、奥さんも女子大の高学歴だったり、モデル並みに綺麗だったりします。

ブスでニートで家でジャージでごろ寝してコンビニでポテトチップス買って家でゲームしている40歳前の女性が突然、結婚とかないわけです。

 

凍結した卵子ですが結局、回収する人が極端に少ないんだという事ですから、凍結で100万円稼げるからいいやって思う医師はお金稼ぎでやるでしょうね。セミナーまでやって集客して普及させるでしょう。

常識的に考えるとこの制度は要らない気がします。

自然に時間は有限で止まることなく流れてしまうことには変わりがないわけですから、いまを大切にして結婚したいなら最大限努力した方がいいです。

 

45歳、50歳になってもという思いは分かりますが身体的な老化もあります。

人間いつまでも10代のようなエネルギッシュな若さにあるわけではないんですから、どこかで世代交代という意識で隠居的な考えも必要ではないかと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。