2015
04.16

経済再生するなら消費税は20%にするべきだ!経済協力開発機構(OECD)のアンヘル・グリア事務総長

コラム

 来日した経済協力開発機構(OECD)のアンヘル・グリア事務総長は14日、インタビューに応じ、日本が財政再建を進めるために、消費税率を将来的に20%程度へ引き上げる必要があるとの認識を示した。巨額債務の膨張を止める重要性を強調、歳入を増やす税制改革を促した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150415-00000047-jij-int

PP21 E33

 

まぁ、これから先、消費税は下がることはなくても上がらないとは言えないでしょうね。10%課税の後は今度はいついくらまで消費税を引き上げるかの議論がスタートするでしょう。

消費税だけではなく、課税も増えるでしょう。そうなると平均以下の人の生活はかなり厳しい物になるのではないかと思います。

 

生活保護世帯でもなく、しかし収入は生活保護以下と言う人がいます。

こういう人は増税とインフレは賃金が増加しないため、かなり厳しくなります。朝食はコンビニで肉まん1個と飲むヨーグルトで250円という人が300円負担になるのですが、結局、使える金額は少ないままです。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。