2015
12.10

納豆を1日2パック食べると抜け毛に効果がありそうだと話題に

コラム

納豆といえば健康にいい事で有名ですが、実は薄毛にも効果的だといわれています。
納豆の原材料は大豆ですが、大豆には植物性のたんぱく質が多く入っています。丈夫な髪の毛を作るには良質のタンパク質の摂取が有効です。タンパク質を摂る場合でも、肉などの動物性タンパク質だと血液がドロドロになり、髪まで栄養が届かず、逆にハゲる可能性があります。
また、納豆(大豆)にはイソフラボンも含まれており、内閣府の食品安全委員会では、大豆イソフラボンの一日摂取目安量の上限を70~75mgとしています。納豆は1パック(50g)あたり約37mgなので2パックで1日分を補えます。
このイソフラボンというのは、女性ホルモン(エストロゲン)に似ており、抜け毛の原因である、男性ホルモンのテストステロンの分泌を抑制するといわれています。

スクリーンショット 2015 12 10 6 40 12 

https://www.huffingtonpost.jp/office-de-yasai-news/natto_b_8530896.html

 

納豆ってこの理由だけではなく、様々な健康面で良い食品として食べる習慣を持つ人が多いですね。

そういえば我が家は半年以上、納豆をあまり食べなくなってしまいました。理由としてはパン食になったというのもあります。

 

朝起きて、めちゃくちゃ疲れているとご飯を食べたいと思わず、食パンの方が良いと思ってしまいます。何ででしょうね?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。