2015
04.27

米国のスターバックスでレジが故障し、コーヒーを無料で配る粋な心意気が話題に

コラム

コーヒーチェーン大手スターバックス(Starbucks)の北米の店舗で24日、全店舗のレジが使えなくなり、一部の顧客には無料でコーヒーが提供された。

スクリーンショット 2015 04 27 6 08 17

マイクロブログのツイッター(Twitter)には代金を払わずにスターバックスのコーヒーを手に入れたとの書き込みがあふれ、「スターバックスさん、ドリンクを無料でくれてありがとう。君たち最高だよ。ちょくちょくレジが故障するといいんだけど。ハハハ!」などとの書き込みが見られた。

 こうした書き込みを見て最寄りのスターバックスに駆け込む人たちもいたが、レジの故障のため早めに閉店すると言われて店を追い出されたと不運を嘆く声も聞かれた。

 スターバックスは声明を発表し、通常のレジシステムの更新作業中に問題が発生して顧客に迷惑をかけたとして謝罪した。

https://news.livedoor.com/article/detail/10047974/

 

スターバックスってこういう売り方が好感を持たれていると思います。

子供がうるさくて客に帰れと言われた別の客にスタバ店員がコーヒーと次回無料券をサッと配るなどアルバイトレベルでも意識の高さが有名です。

でも、全部、米国の話なんですよね。

 

日本のスタバは1000店舗超えました。いまも出店ペースが凄まじいです。

トイレは汚く、ガムシロップやはちみつが朝一番で入店してもドローンとトッピングするテーブルにへばりついていたり、店舗によって凄く汚いところがあります。

差が激しいんですよねぇ・・・。まぁドリップコーヒーだけ見て、おかわり前提で店舗に椅子を使って座れると考えると1時間、2時間と見るならば割安な場所代です・・・。だから、店舗は混雑し、席がない訳ですが・・・。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。