2015
07.28

米国でアルバイトの時給上昇がすごい!1時間1860円突破目前!!まだまだ上がるぞ!!

コラム

米ニューヨーク州のファストフード業界で、最低賃金が時給15ドル(約1860円)に上がるという。

ニューヨーク・シティでは物価が高騰し、「今の最低時給では生活していけない」と、ファストフード店の従業員らが3年ほど前から時給引き上げの大規模な活動を展開してきた。

米国ではこれまでに、サンフランシスコ、ロサンゼルス、シアトルなども最低時給が15ドルに引き上げられている。今後全米に波及しそうだ。

NYのファストフード「最低時給」が1800円超えに!日本への波及には慎重な意見多数

スクリーンショット 2015 07 27 20 48 12

この流れが日本に出来るかはかなり微妙ですがアメリカではジャンクフードが悪という風潮が出来たり、新しい動きが盛んですね。

遂にアルバイトの時給も1860円突破ですか・・・。

 

日本では最低時給が都内ではグングンと上がっていますね。アルバイトの時給が1100円だったり、すごい勢いで上昇しています。

ですが地方へ行くと最低賃金やら時給750円以下でパート・アルバイトであり、学生アルバイトでもないという現実があります。

 

都心は景気がいいですが地方へ行くと、景気は悪いなぁと感じますし、消費税の増税負担も大きいなぁと感じます。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。