2016
07.26

秋の訪れ予想。9月でもまだまだ暑い。10月くらいは例年並みになりそうです

コラム

8月から10月にかけて、気温は全国的に高い予想です。特に8月は九州、沖縄から近畿は気温が高く、関東甲信、東海、北陸も平年並みか高い見通しです。9月以降、全国的に残暑が続き、秋の訪れは遅れるでしょう。また、降水量はほぼ平年並みですが、8月は北海道や東北で、10月になると沖縄・奄美で平年並みか多くなるでしょう。

スクリーンショット 2016 07 26 6 15 53

https://www.tenki.jp/forecaster/diary/gureweather/2016/07/25/48671.html

 

気温の見通しは?

8月から10月にかけて、気温は全国的に高い見込みです。特に、九州から近畿にかけてと、沖縄・奄美は8月、9月、10月ともに平年よりも高い予想が出ています。猛暑日や熱帯夜が続出しそうですから、屋外のレジャーや活動はもちろん、屋内でも熱中症に警戒が必要です。関東甲信や、東海、北陸は8月は平年並みか高い見込みですが、9月は平年より高いでしょう。10月は平年並みか高い見込みです。8月は暑さが厳しくなり、9月は残暑が長引くため、体に堪えそうです。北海道や東北は、8月はほぼ平年並みで、暑い日ばかりではなく、時には涼しく感じる日もあるでしょう。ただ、9月は高い予想で、10月は平年並みか高い見込みです。
北日本を含めても、今年は秋の訪れが遅れる傾向にありそうです。
 
 
今年は雨が少なく、気温も低い日が続いていますね。去年はあんなに台風だらけなのに今年は台風2号が今頃に来たとか量に差がありますね。何だかんだで9月に台風が大量発生するのではないかといわていたりしますね。

 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。