2015
03.26

福島原発事故で避難中の人、賠償金を高額もらい好きなモノを買うニートと報道されたのですが

コラム

東日本大震災で東電の賠償金を6500万円もらい。毎日、働いていない人がテレビに出ていました。

ドラム式乾燥機付き洗濯機を買ったり、プレステ4やWiiUの新型ゲーム機を買ったり、毎日無職で過ごしている30代、40代がテレビ放送されていました。

 

これはニートと変わりません。

しかし、番組を悪意を持って見ないならば、ゲーム機を買うというのは仮設住宅で先が見えない避難生活と仕事が無い現状を見て、放射能も怖いですから家でゲームをして、家の中で洗濯物が完結するものを買います。外に干すと放射能がというケースもあるからです。

BL008 cyottomatteyo20140810500

一応、必要な物を買っている状態です。

人によっては避難うつになり、現実逃避をしたい人もいるでしょう。

 

ただ、本当に賠償金をもらい働かないで浪費をしている人も存在しています。

これを見ると相続で大金を手に入れた人が無駄遣いをして10年で食いつくす様なことと同じように見えてしまいます。

いまは東日本大震災で賠償金、ボランティア、復興という流れですがどこかの段階で切られる日が来るような気もします。

 

この賠償金ですが福島県全域で支払われたものではなく、本当に原発近くの海に住んでいる人で高濃度放射能で避難地域となっている人だけです。土地を買い上げたようなものです。なので賠償金を高額で貰っている人は一部の人だけです。

 

しかもこれが被災地から避難すると貰えないという状態ですからね。賠償金をもらいつつ、関西や東京で家族やり直すとか出来ないわけです。

被災地にとどまらないといけないというのがなぁ・・・。って思うようなニュースの内容でした。でも、ニュースは被災地に留まらないと賠償金が貰えないとは報道していません。悪意がある報道だと思いました。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。