2015
04.22

社会人になって時間がない!アニメが消化できないなど悲鳴が聞こえる

コラム

4月は多くの新社会人たちが新生活をスタートする季節。ネット上には、新社会人を中心としたオタクたちから「オタクならではの社会人ビフォーアフター」が投稿されている。

ツイッターには、

「社会人になって一週間たたないうちにすごくアニメが溜まってしまっている現状」
「新社会人になりました。忙しい分、録画してた忍たまを観るのが幸せですねー」
「仕事する前は本当になんとなーくアニメ見直したりしてたけど、そういう時間ってすごく大事なもんなんだと社会人になって知った。時間は戻らない」

など、アニメの視聴習慣から、学生時代との生活サイクルの違いを痛感する声が投稿されている。一方で、

CSS85 MBAmiru1292500

「社会人になってからオタク欲がおさまっている。グッズ買うなら寝たい、漫画よむなら寝たい、とにかく寝たい。今も休憩中だけど寝たい」
「今期アニメーションなにも見てない..
社会人になってオタク要素がなくなってきてる…」

と、忙しさや疲れでオタク趣味どころじゃなくなった、との声もある。

https://r25.yahoo.co.jp/fushigi/jikenbo_detail/?id=20150413-00041655-r25

 

そうでしょうね。

社会人になると本当に時間なくなります。さらに家族ができて子供が出来るともっともっと時間がなくなります。

そういう自分の世代よりも上の世代を見ると、親が認知症になったとか、介護が必要とか、夫婦で片方の親が死んで鬱になったとか色々聞きます。

親の介護ねぇ・・・自分も次はそういう問題が来るのかなと思ってみたり・・・でも、今は社会人と子供で時間が取れず、疲れが溜まりつつも外出したり、遊んだりしているわけです。

 

学生の皆さん!!

社会人になると時間もなくなり疲れもたまり、いままでやってたことが積みゲーやら積みマンガ、録画だけで全然見ていないアニメとかいっぱいになりますよ。それだけ給料もらうために人生を労働で消化するのです。

しかもそれがそのうち家族のためとかになっちゃうわけです。逃げようにも逃げられない定年までのループ地獄がスタートですよ!!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。