2017
06.19

睡眠不足が危ない。睡眠負債という考えは自分の上世代を見ていて感じていた

コラム

「がん」「糖尿病」「心臓病」「認知症」など、数々の重大疾病と強い関連があることが分かってきた睡眠不足。多忙やストレスなどで“極端に”睡眠が足りない人の話だと思ったら大間違い。普段6-7時間の睡眠を取り「十分眠っている」と思っている人でも、実はわずかに足りておらず、その蓄積によって命に関わる病のリスクを高めたり、日々の活動のパフォーマンスを劣化させたりしていることが明らかになってきたのだ!今、世界の研究者たちは、この「わずかな睡眠不足が積みあがっていく現象」を“睡眠負債”と名付け、その解消こそ健康寿命の延伸に欠かせないと指摘している。

 

2


そこで!今回、<拡大生放送>で注目の「睡眠負債」を取り上げる。その実態を社会に広く知らしめ、少しでも早い「対策」を促すことで、日本人の健康を守る取り組みとなることを目指す。データ放送や特設HPでは手軽に行える「睡眠負債」のリスクチェックを実施。Twitter などを通じて寄せられた疑問・質問にはスタジオの専門家が直接回答。国内外の睡眠研究の最前線や予防&改善の秘策もしっかり伝える。

https://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20170618

 

この研究結果の前に自分は自分よりも上の世代の病気や生活習慣を見ていて、早くからそういうことを感じていました。それで自分は7時間半は寝るようにしています。田舎の人で通勤をしていない人はもっと長く寝ています。長生きの人が多いのは睡眠やストレスに大きく影響しています。サラリーマン生活をしている人で通勤時間が長い人の方が睡眠時間が少ないです。通勤時間が長い人ほど疲れています。

自分はこの7時間半の睡眠が長い生活をしていますが家に帰ってご飯を食べて風呂に入って子供の相手をしたり、将棋、勉強などをしているとちょっとした読書程度で寝る時間になってしまいます。なので通勤時間で朝は日経新聞を見て、お出かけ転送したテレビ番組を見ています。ブログは朝起きたら書いています。

昼休みは運動不足にならないように運動をしています。

帰りの通勤電車は、座れればニンテンドー3DSでゲームをします。座れない場合は、お出かけ転送したテレビを見たり、図書館で借りてきた本を読みます。とにかく寝るだけです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。