2015
03.31

目薬でナイトビジョンと同じ効果を遂に実現!

コラム

カリフォルニア州テハチャピを拠点に活動するバイオハッカーグループ Science for the Masses が、一時的に暗闇での視力を増す目薬を開発しました。

メンバー自ら実験台となったテストでは、夜間の森で50m先に潜む人を100%見つけ出す効果を確認できたとしています。


 
  PHM11 0165
目薬の主成分はクロロフィル系の薬品 Chlorin e6(Ce6)。これは光の届かないところで生息する深海魚の眼にも含まれる成分で、初期のがん治療に用いられる光線力学療法(PDT)においては光増感剤として使用されています。Science for the Masses はこの Ce6 にインスリンと生理食塩水を混合した目薬を開発、グループの研究者 Gabriel Licina に点眼投与しました。

Licina によると目薬をさしたとき「直後は薬品が持つ深緑色に視界が変わったものの、数秒でそれは薄れてもとの色に戻った」とのこと。

https://japanese.engadget.com/2015/03/30/50m/

 

すごいですねぇ。

人体に影響が出ないものなら軍事的に使われるかもしれないと思えるくらいすごいですねぇ。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。