2015
05.15

甘酒はエナジードリンク。継続的に甘酒を摂取すると目の下のクマが改善されたと発表

コラム

森永製菓は、甘酒の持つ健康効果に関する研究の中で、「“酒粕”と“米麹”を使用した甘酒」の飲用で“目の下のクマの改善”を確認したと発表した。

この取り組みは、東京工科大学・前田憲寿教授(医学博士)との共同研究を行っている中でわかったもの。40~60代の女性17人を対象に、試験飲料として「酒粕、米麹入りの甘酒」と、対照飲料として「カロリーを試験飲料と同レベルに設定した酒粕、米麹なしの甘酒風味の飲料(プラセボ)」を用意し、1回目と2回目の測定の間の1か月間、毎日朝晩2回飲用する試験を実施した。
その結果、「目の下のクマ」について測定装置を用いた評価で、甘酒群はプラセボ群に対して“目の下のクマの明るさの有意な改善”が認められ、また、主観的評価(VAS試験)でも甘酒群でのみ、プラセボ群では見られない飲用前後の「目の下のクマの有意な改善」が得られ、実感をともなった改善であることが分かった。

PHM15 0573さらに、「皮膚の表面温度」においても、甘酒群でのみ飲用前に比べて、飲用後には表面温度の上昇が見られ、“老廃物排泄促進”などがクマの改善に関与した可能性が示されている。ほかにも主観的評価(VAS試験)で「髪のつや」「朝の目覚めの良さ」でも甘酒群でのみ有意な改善が見られたという。

この結果から、同社は「『“酒粕”と“米麹”を使用した甘酒』を継続的に飲用することで、美容や健康に良い影響が期待できることが示唆されました」としている。

https://news.livedoor.com/article/detail/10109643/

 

甘酒は江戸時代でも夏バテ防止に売り歩いていましたからね。

もともとは酒蔵が暇な時にお金を稼ぐために始められたものです。飲む点滴と言われています。

自然なエナジードリンクって感じでしょうか。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。