2016
04.18

熊本県の地震の影響が拡大。相次ぐ地震で被害が拡大している

コラム

熊本県熊本地方、阿蘇地方、大分県で規模の大きな地震が相次いでいることについて、気象庁の青木元・地震津波監視課長は16日午前の記者会見で、三つの地域で別々の地震が同時多発的に発生しているとの見解を示した。16日午前1時25分に発生したマグニチュード(M)7.3の地震(本震)が影響していると考えられるという。M7.3の本震は、14日発生した熊本地震の原因の「日奈久(ひなぐ)断層帯」とその北側の「布田川(ふたがわ)断層帯」が交わる場所のやや北で発生した。その後、北東側で地震活動の高まりがみられ、午前3時55分には熊本県阿蘇地方でM5.8(最大震度6強)、午前7時11分には大分県中部でM5.3(最大震度5弱)の地震が相次いで発生した。

スクリーンショット 2016 04 18 6 08 31

 気象庁はこれらの余震域が離れていることから、それぞれ別の地震と判断。青木課長は「広域的に続けて地震が発生したケースは近代観測が始まって以降は思い浮かばない」と話した。

https://mainichi.jp/articles/20160416/k00/00e/040/230000c

 

熊本地震の影響が日に日に悪化しています。14日の震度7が余震だったのが大きいです。阿蘇村方面の本震の影響が凄まじく、家屋倒壊が増えました。

熊本城を見ると無残な状態です。復旧が想像もできないほど壊れています。

 

熊本には歴史的建造物が多いのですがジェームズ邸も倒壊してしまいました。

 

熊本には何度か旅行に行っているため、地震の被害が深刻に感じます。旅行で訪れたあの場所は今どうなってしまっているのか気になります。復興まではかなりの時間と費用が掛かるでしょう。個人、個人の負担は凄まじいものです。

 

余震がいまも続いています。

この震度4以上の地震が続いていることで家屋倒壊が進んでいます。どこまで影響が出るのか想像がつかない状態です。

早く地震が落ち着けば・・・そう願うばかりです。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。