2015
03.21

火星永住プロジェクトのマーズ・ワンが実は巨大詐欺事件の可能性が

コラム

火星の永住を募集をしていたマーズ・ワンですが巨大な詐欺ではないかと言われています。

人類初の火星コロニー建設計画「マーズ・ワン(Mars One)」プロジェクトへの参加者として最終候補に残っているアイルランド人の科学者が17日、同計画は「失敗する」と予測した。

 アイルランドのダブリン大学トリニティカレッジ(Trinity College Dublin)の宇宙物理学者ジョセフ・ロシュ(Joseph Roche)氏は、「私にとっての悪夢は、人々がその計画を支援し、出資し、注意を向け続けても、その後、惨めな失敗が不可避となることだ」と述べる。

「一般の人が持つ科学への見識を損ないかねないことに自分が関係しているとしたら、それは悪夢のシナリオだ」

 オランダの非営利企業「マーズ・ワン」が2024年からの開始を予定している火星のコロニー計画をめぐっては、これまでに幾度となく批判を受けている。

 米マサチューセッツ工科大学(Massachusetts Institute of Technology、MIT)の研究者らは、現状では火星への移住後68日以内に「移住者らの死」が始まる可能性があるとしており、またノーベル物理学賞の受賞者で、早くから支持を表明していたオランダのヘーラルト・トホーフト(Gerard ‘t Hooft)氏も、プロジェクトは当初の計画に比べ、はるかに多くの費用と長い時間がかかるとしている。

 ロシュ氏は、「私についてマーズ・ワンが持っている情報といえば、私が作ったくだらない動画1本、ほとんどの項目に1語で答えた申し込み書1通…それにスカイプでの10分間インタビューだけだ」と説明し、「誰かについて何かを審査する情報としては、不十分極まりない」と指摘する。

 また、ロシュ氏によると、片道旅行の候補者には、マーズ・ワン商品の購入や同プロジェクトへの寄付と引き換えに、「ポイント」を稼ぐことができるという。この主張についてAFPはコメントを求めたが、同社からの返答はない。同社は英科学誌「ニュー・サイエンティスト(New Scientist)」で、最終候補者からの寄付は選考過程に影響しないと述べている。

 同氏はこのプロジェクトから抜けるかどうかについては、明らかにしていない。

https://www.afpbb.com/articles/-/3042795

 PHM12 0606

そういえば日本人女性50歳が最終候補に残っていたような気がします。

火星で寿司を握りたいと言っていました。

 

このマーズワンプロジェクトですが火星へ行く片道切符です。二度と地球には戻れませんし、失敗したら死にます。

でも大量の募集が集まりました。

 

他にも美術学校の人とか日本人女性が色々いたような気がします。

プロジェクトが資金だけではなく、いろいろ無理がありすぎて非常に疑問に思っていましたがやはりなぁ・・・という気持ちです。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。