2016
07.16

混雑し過ぎのスタバが2020年までに更に3割出店を発表!まだまだスタバは全国に増えるぞ

コラム

都内ではかなりの勢いで出店をしているスターバックスですが更に3割出店を増やすようです。

昔のBOOK OFFのような勢いですね。

 

スクリーンショット 2016 07 16 20 16 33

スターバックスコーヒージャパン(東京都品川区)の水口貴文最高経営責任者(CEO)が14日都内で会見し、店舗数を2020年までに、3月末比で約3割増に当たる1500店に増やす方針を示した。都心部では「新業態も検討する」(水口氏)とし、店舗の多様性も図る。ライバルのコメダホールディングス(HD)が株式上場で攻勢をかけるなど、ドトールコーヒーも交えたコーヒーチェーン大手3社の競争が激化するなか、スタバは着実な出店で事業基盤を強化する狙いだ。

 スタバの国内店舗は3月末で1178。3月には東京・丸の内でアルコールも提供する新型店を出店したばかりだが、水口氏は「時代に合わせた多様性が必要だ」とし、都心部で新業態の出店を検討する。

 新業態の詳細については明らかにしなかった。都心部では自社の店舗が密集している地域もあるため、新業態で店舗を差別化し自社競合を避ける狙いもあるとみられる。郊外と都心部の新規出店の割合は「半々」(水口氏)とした。

 同社は15年3月に米スターバックスの子会社となった。水口氏はその利点として「米国の商品を日本市場に自由に投入でき、成長の原動力になる」と強調した。

 コーヒーチェーンをめぐっては「コメダ珈琲店」を運営するコメダHDが、20年に店舗数を2月末比で46%増に当たる1000店に拡大する方針だ。ドトールコーヒーを運営するドトール・日レスHDは、店員が客席に商品を配るフルサービス型の店舗を積極的に出店している。さらにコンビニがコーヒー販売を強化するなど、業態の垣根を越えた顧客の争奪戦も熱を帯びている。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160714-00000003-fsi-bus_all

 

最近、スタバには行かなくなったなぁ・・・。

何故かと言うと、混みすぎ!

それに無料の公衆無線LANを目的にノートパソコン持って行くのですが人多すぎ、使いすぎでインターネットが全然、繋がらない。

そういうのが嫌になってスタバに行かずに他の店に行くようになりました。

 

公衆無線LANを求めて行くことが多いので、別にスタバじゃなくてもいいわけです。

安さで言えばマクドナルドが無料の公衆無線LANを展開しているのでこちらもおすすめですがビッグサイト付近の有明マクドナルドのような感じなら、店舗とは別に食べるコーナーがあり、広々としていてカフェのように落ち着けますが都内のマクドナルドはキツキツの座席でレジの声がすごく聞こえてきます。すごい速さでさばいている状態なのでカフェとは程遠いです。

 

私はそんなこんなでデニーズに行くようになりました。

コーヒーおかわり自由ですし、モーニングですとトーストとゆでたまごまでついてきますから、スタバよりも圧倒的にデニーズ派になりました。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。