2015
01.21

消費税を10%に増税したら毎年、1%さらに増税し、2024年に17%を目指すべきだ!>経済同友会

コラム

まぁこういうことになるでしょうね。

消費税10%に増税してからですよ。翌年からさらに1%ずつ増税をしていくべきだと言っている団体がいます。

毎年増税して17%まで増税して行けばいいという認識です。結局、17%まで増税したら、今度は24%まで増税できるという話になるわけです。

スクリーンショット 2015 01 21 21 35 32

経済同友会は21日、財政再建の提言を公表した。2020年度に国・地方の基礎的財政収支を黒字化する政府目標を達成するには、社会保障費を毎年5000億円減らした上で、17年4月に消費税を10%にしてからも毎年1%ずつ引き上げるなど抜本的な改革が必要だと主張している。
 提言では消費税増税について、24年に17%になるまで続けるよう求めた。同友会は、政府が今夏に出す予定の同収支黒字化に向けた行動計画に提言内容を反映させたい考えだ。
 提言は、経済成長による税収増は4兆~5兆円程度で、毎年40兆円生じる財政赤字を穴埋めできないと強調。成長と歳出削減、歳入拡大による「三位一体の取り組みを総動員することが必要だ」と指摘した。

https://www.jiji.com/jc/zc?k=201501/2015012100639&g=eco

 

はっきり言って、暴動も起きる水準ではないですから、まだまだ増税の余地はあります。一般市民は飲み食いで限界という水準まで行くと思います。

ギリシャなど経済破綻をするような国では実際にそこまで行っています。ひもじいですよ。

 

ですがね。ヨーロッパは日本人より働いてませんよ。休みは休みだし、残業だって法律で禁止しています。

日本は増税で税金がいっぱい搾取されようが残業やらサービス残業、休日出勤に低賃金、非正規雇用などのオンパレードです。

ヨーロッパと比較し消費税を考えるとかなり厳しい現実になります。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。