2015
10.08

洗濯機が遂に自動的に衣類をたたんでくれる時代が来るぞ!!

コラム

CEATEC会場では、乾燥済みのTシャツを使ってデモンストレーションを行なった。1枚のTシャツを同機に入れると、庫内で衣類の種類を判別。種類に応じて最適な畳み方をする。

 一度に折り畳める量は、40枚の衣類。40枚を投入した場合には、3~6時間程度の時間を要するという。なお実演では、1枚のTシャツを畳むまでに10分弱かかっていたが、製品化までには時間を短縮できるとしている。

スクリーンショット 2015 10 08 6 31 43

https://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/20151007_724552.html

 

約10分も畳むのに掛かるのかよって言われていますがそれは人間の感覚で作業すると10分は長いですが外出している人が仕事に行く前に洗濯機に洗濯物の衣類を放り込んで洗剤を入れてスイッチを入れておくと、洗濯、乾燥、畳みまですべて実行してくれるってありがたいです。

 

これは売れそうな予感がします。

たたんだ衣類をそのまま出かけるときに取り出して着るという人もいると思います。タンスに入れるのすらめんどくさいとか・・・。

1時間で6枚の衣類がたためるとなると、朝通勤前にセットしておけば帰宅時には綺麗になっているということですね。

 

欲しい!これは欲しいぞ!!!

いくらするんでしょうね。でも、高いんでしょうねぇ。高いから買わないというか買えません。手が出ません。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。